スポンサーリンク

【超重要2020年5月】 ”新しい”給付型奨学金 最大91万円!コロナショックの中、是非!

2020年5月7日








<記事の途中ですが、コロナ参考速報!>
お店でマスクを入手する方法など
皆様の参考になれば幸いです。






 ”新しい”給付型奨学金:知らなかった!2020年4月から新しい奨学金制度が始まっている!

2020年4月に進学・進級する学生から、給付奨学金の対象者が広がります。

2020年4月にスタートしたばかりのこの奨学金は、最大で年間91万円が、貸与ではなく、給付されるものです。

文部科学省やJASSO(独立行政法人日本学生支援機構)対応となる制度です。

ポイントは給付型!貸付ではありません!

どうやら最大91万円が給付されるようです。

さらに!

給付型奨学金の対象となれば、大学・専門学校等の授業料・入学金も免除又は減額されます。

経済的な理由で学び続けることをあきらめずにすむよう、授業料等の減免と給付型奨学金により、
意欲のある学生のみなさんの「学び」を支えることが目的のようです。

大学等に在学中の人も、条件を満たせば支援を受けられるとのころで、是非確認してみましょう。











給付奨学金制度の対象は?

住民税非課税世帯と準ずる世帯の学生

授業料・入学金の免除又は減額は各大学等が、給付型奨学金の支給は日本学生支援機構が行い、授業料・入学金の免除・減額については、各大学等に確認が必要です。











給付奨学金の対象になる学校は?

大学、短期大学、高等学校、専門学校に通う学生

一定の要件があるようですので、確認が必要です。

 

給付奨学金は、生徒なら誰でも対象?

世帯収入や資産の要件を満足していること。

住民税非課税世帯、それに準ずる世帯であること。

家族構成によっても異なるようです。

 

進学先で学ぶ意欲がある学生であること。

成績も選考基準になるようです。

また成績だけではなくレポートなどで学ぶ意欲も確認されるとのこと。

途中で支援が打ち切られることもあるらしいです。











給付奨学金の支給額はどれくらい?

大学、短期大学、専門学校

国公立や私立によって異なるようですが、

自宅通学の場合、月額2.9~3.8万円程度

自宅外通学の場合、月額6.5~7.5万円程度

 

高等専門学校

国公立や私立によって異なるようですが、

自宅通学の場合、月額1.7~2.6万円程度

自宅外通学の場合、月額3.4~4.3万円程度

給付奨学金の授業料や入学金の支援はどれくらい?

「高等学校、大学、短期大学、専門学校」や「国公立、私立」それぞれで変わるようです。

 

給付奨学金の対象かどうかは進学資金シュミレーターで確認できる。

給付奨学金シミュレーションについて

令和元年5月15日より、進学資金シミュレーターに給付奨学金シミュレーション機能を追加しました。
「給付奨学金シミュレーション」では、お手元に詳細な情報を用意されなくても国の新しい給付奨学金制度(令和2年4月~実施予定)の対象になりそうかどうかを大まかに調べることができます。

※新しい給付奨学金制度とあわせて始まる、授業料等減免の新制度についても、対象者の要件は同じですので、給付型奨学金の対象となる方は、授業料等減免の対象にもなります。(支援区分(満額支援・3分の2支援・3分の1支援)も同じ区分になります。)

引用:https://www.jasso.go.jp/

給付型奨学金申し込みまでのステップ

申込書類を文科省学省やJASSO(独立行政法人日本学生支援機構)から取り寄せます。

学校に必要書類を提出し、インターネットで申し込み。

マイナンバー(本人分と保護者分)をJASSOに提出。

支援の対象になると通知が来るようです。

なお、JASSOから給付型奨学金の支援対象と認められたら、進学後に大学等の授業料や入学金の支援も受けられるようです。

支援対象になる学校に入学したら、インターネットで進学届を提出。

奨学金の最初の振り込みは4月または5月になるようです。

 









「B級グルメとディスカウントスーパー、ドラッグストア」2019年後半~2020年  新規OPEN店一覧!

記事作成時点での情報になります。予定の変更があるかもしれません。また提供している情報を使用した事によって生じたいかなる障害、損害に対して一切の責任を負わないものとしますので、あらかじめご了承ください。

この記事内容をもとにご判断される際には、ご判断の前にお店のホームページなどのご確認をお願いいたします。

緊急速報

Posted by Michi